茨城県立土浦第一高等学校(全日制・定時制)
 
 
茨城県立土浦第一高等学校

〒300-0051
茨城県土浦市真鍋4丁目4-2
 TEL  029-822-0137
 FAX  029-826-3521
 

土浦一高×笠間高校PVプロジェクト③

土浦一高×笠間高校PVプロジェクト③ 報告
〈土浦一高×笠間高校PVプロジェクト③〉
 

土浦一高×笠間高校PVプロジェクト②

土浦一高×笠間高校PVプロジェクト② 報告
〈土浦一高×笠間高校PVプロジェクト②〉
 

土浦一高×笠間高校PVプロジェクト①

土浦一高×笠間高校PVプロジェクト① 報告
土浦一高×笠間高校PVプロジェクト①
 

2学年SGH発表会

「素朴な疑問ですが,貝で霞ヶ浦がきれいになりますか?」
2学年でSGH学年発表会を実施しました。企画も含め,準備,進行,司会などすべて生徒が主体で実施したことで,発表者と聴衆の心理的距離の近い発表会となりました。質疑応答では遠慮のない素朴な質問が出されるなど,発表者も聴衆も有意義で楽しい時間となりました。
<2学年SGH発表会>
 

グローカルビジネスアイデアコンテスト

「起業,ビジネスモデル,持続可能社会,グローカルというエッセンスがどれも適切に組み込まれた有意義な取り組み」
第4回グローカルビジネスアイデアコンテスト-土浦一高課題研究発表会-を開催し,保護者や一般参加者から有益なフィードバックをもらいました。
<グローカルビジネスアイデアコンテスト2018>
 

第2回運営指導委員会

「SGHの活動こそAIでは代替できない」
2017年度第2回のSGH運営指導委員会で,委員の方より貴重なコメントをいただきました。
<第2回運営指導委員会>
 

SGH3年生 最終発表会

「やりたいことはやる,恐れずに」 
先輩からもらった心に残る言葉です。
SGHの学校設定科目「グローバルキャリアアドバンス」で活動してきた3年生が12月4日,後輩となる2年生に向けて最終発表会を実施しました。3年生は発表することで活動のふり返りとなり,2年生は先輩の苦労や失敗から学ぶことができ,双方にとって有意義な学びの場となりました。
<SGH3年生 最終発表会>
 

関東甲信越静地区SGH課題研究発表会

真珠浄水研究グループ金賞 持続可能なビジネスモデルが評価
「第2回関東甲信越静地区 SGH課題研究発表会」に本校から6チーム20名が参加し,英語プレゼンテーション部門で金賞を受賞しました。淡水真珠を用いて,ため池の水を浄化し,その真珠を販売して活動資金に充てるという持続可能なビジネスモデルが評価されました。現在の世の中で起こっている社会課題を,生物資源を用いたビジネスを通して解決するという,本校のSGHテーマにも合致する研究内容です。受賞しなかったグループも含め,生徒たちは他SGH校生とのハイレベルな関わりに刺激を受けながらも楽しく交流し,有意義な機会となりました。
<関東甲信越静地区SGH課題研究発表会>
 

インターナショナル・デイ

「世界の国やグローバル社会を身近に感じた」
ロシアやナイジェリアなど,各国からの筑波大留学生を学校に招き,少人数グループでディスカッションしました。生徒は世界を目の当たりにし,目を輝かせていました
<インターナショナル・デイ>
 

SGH模擬株式会社で社会課題解決

「上に立つ苦労とやりがいを感じた」
JPX日本取引所グループの協力でSGH模擬株式会社を設立しました。世界の肥満対策や地域活性化という社会課題の解決に向け,試作品を販売するなど行動を始めました。
<SGH模擬株式会社>
 

キャリアガイダンス (OBOGガイダンス)

「勉強と部活どっちが大切ですか?」-「部活の中から勉強の動機が生まれるよ」
大学に在学中の本校卒業生約20名に来校してもらい,2年生の小グループに対して大学での生活や高校時代に考えていたことなどをアドバイスしてもらいました。どのブースでも活発な質疑応答がみられ,2年生は自らのキャリア形成に自覚を持つとともに,将来の大学生活に実感をわかせることができました。先輩たちの活躍する姿に,いまは高校で文武両道を全うしようと決意を新たにする生徒が多く見られました。
<キャリアガイダンス>
 

全国SGH校生徒成果発表会

「ビジネスには人との議論が大切だと知った」
筑波大学東京キャンパスで開催された「第6回高校生国際ESDシンポジウム・第3回全国SGH校生徒成果発表会」に参加し,ポスター発表及び他校生との議論をしました。
<全国SGH校生徒成果発表会>
 

「真鍋の街を世界に発信」プロジェクト 真鍋小学校児童来校

「小学生ならではの先入観にとらわれない発表を見習いたい」
真鍋小学校の5年生児童が本校を訪問し,10月に本校生徒も参画して作成したポスターを持参して,高校生に説明しました。高校生はポスターの説明を受けながら感想を伝えたり発想の柔軟さをほめたりしていました。最後にグループごとに記念写真を撮り,短時間ながら双方に有意義な交流となりました。
<真鍋小学校児童来校>
 

グローカル企業・研究所訪問

「視野を広げ,いろんな企業の活動に目を向けたい」
1年生が32のグループに分かれ,東京及びつくば市周辺の企業・研究所を訪問しました。名称だけしか知らなかった事業所でも,そこで従業員の方が真剣に業務に取り組み,社会に貢献している姿を目にし,社会が自分のこととして身近になりました。
<グローカル企業・研究所訪問>
 

SGH全国高校生フォーラム

「高いレベルの中に身を置く重要性とありがたさを感じた」
横浜で開催されたSGH全国高校生フォーラムに生徒2名が参加し,ポスター発表しました。自分の課題研究の深化だけでなく,他校生の発表を聞いたり,全国の高校生と交流したりして大きな刺激を受け,有意義な機会となりました。
<SGH全国高校生フォーラム報告>
 

SGHグローバルセミナー

「自分と違う他者に価値を見いだせるのが真のグローバル人材」
筑波大学の岡田幸彦准教授をお迎えし,1年生に向けてご講演をいただきました。SGHに期待することとして,社会課題の解決を国やNPOではなくビジネスで担おうとする考えや,変化の激しい時代に対応した新しい発想を身につける必要性など,社会課題に日々取り組む先生ならではの話に,生徒たちは大きな共感と刺激を受けていました。
<SGHグローバルセミナー2017報告>
 

筑波銀行ビジネス交流会

筑波銀行ビジネス交流会に参加!
筑波銀行主催の「ビジネス交流会」で土浦一高SGHのブースを出展し,来場者の方にSGHの活動を伝えるとともに,様々な専門をもつ方々から意見をもらいました。また来場者にインタビューして,課題研究のデータも得ることができました。
<2017筑波銀行ビジネス交流会>
 

土浦一高×真鍋小学校「真鍋の街を世界に発信」プロジェクト

「小学生の自由な発想に感銘を受けた」
真鍋小学校の授業に本校生徒が出向き,協同で調べ学習をするプロジェクトを実施しました。
<土浦一高×真鍋小学校プロジェクト>
 

SGH海外フィールドワーク マレーシア・シンガポールコース

「イスラムの信仰が人格や生活の柱となっていることをマレーシアで知った」
SGH海外フィールドワークでマレーシア・シンガポールを訪れ,異文化に肌で触れる貴重な体験をしました。
<マレーシア・シンガポール報告>
 

SGH海外フィールドワーク オーストラリアコース

「日本の技術や食がリスペクトされていることを知り誇りに思った」
SGH海外フィールドワークでオーストラリアを訪れ,海外から日本を見つめる貴重な経験を得ました。
<オーストラリア報告>
 

SGH海外フィールドワーク アメリカ合衆国西海岸コース

「多様な人種と広い国土に触れて自分の心も広くなった」
SGH海外フィールドワークでアメリカ合衆国を訪れ,ビジネスの最前線に触れる貴重な経験をしてきました。
<アメリカ報告>
 

ビジネスプラン研究会

「ターゲットに買ってもらうための販売戦略を」
日本政策金融公庫の専門家をゲストティーチャーに招き,ビジネスプランの作り方などを学びました。
<報告>
 

SGH運営指導委員会

「鉄は熱いうちに打て」
運営指導委員の幡谷浩史様からお言葉をいただきました。他の委員の方々からいただいたご指導と合わせ,今後のSGHプログラムの改善に取り組んでまいります。
<報告>
 

土浦一高×笠間高校PVプロジェクト③

「それぞれの得意分野を活かして協力すれば,よりよいものが作れる」
笠間高校と共同で映像作品を作るプロジェクトを実施し,映像が完成しました。
<報告>
 

筑波銀行 起業家セミナー

「地域資源の活用・・・仲間の意見も起業する上では大切な資源」
筑波銀行起業家セミナーを実施しました。ビジネスの最前線を知る渡辺一洋様の言葉に,生徒は一つ一つ大きくうなずいていました。
<報告>
 

土浦一高×笠間高校PVプロジェクト②

「自然に演技するのは難しく,テクニックが必要だと思った」
土浦一高×笠間高校PVプロジェクト第2日を実施しました。生徒からは上のような感想が聞かれ,笠間高生との交流も楽しみながら,有意義な学習となりました。
<報告>
 

フィールドワーク実習

フィールドワーク実習を実施しました。これは,SGH国際コース2年生が,起業家の方を訪問してビジネスの手法を学ぶとともに,海外フィールドワークに行く前の街頭調査や施設訪問の事前研修とするものです。
<報告>
 

土浦一高×笠間高校PVプロジェクト①

土浦一高×笠間高校コラボレーションPVプロジェクト第1日を実施しました。これは,両校生徒が共同で映像作品を制作する企画です。映像の内容は,土浦一高のSGHコース生徒が取り組んでいる課題研究の活動を対外的にPRするものです。第1回(5月19日)は笠間高での打合せ及び絵コンテの作成,第2回(6月10日)は土浦でのロケ撮影会,第3回(7月20日)は笠間高でのビデオ編集作業,試写会を実施する,3回シリーズの企画です。完成映像は本校での全校発表会のほか,HP掲載など,今後校外向けに使用していきます。
<報告>
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立土浦第一高等学校