応援歌


第一應援歌 -亀城健児-(昭和25年制定) mp3再生  作詞 根本基之 作曲 細田義勝

霞ヶ浦に 陽は映えて流れ豊かな 桜川紫けむる 筑波嶺を
希望は躍る この朝映して清き 旗の下背におう我等 力あり
見よ溌刺と 青春の見よ風を切り 地を蹴って見よ眉あげて 堂々と
闘志に燃えて こぞり立つあいうち競う 晴の技王座を目指し 勝ち進む
亀城健児の 血はたぎる亀城健児の 気は上がる亀城健児の 名は薫る
おお競え 土浦一高第一高おお競え 土浦一高第一高おお歌え 土浦一高第一高

 昭和24年(1949年)に応援団が結成され,応援歌制定の気運が高まり,生徒に歌詞を公募した。応募の中から文芸部長(3年生)であった根本基之氏(高校3回,昭和26年卒)の作品が選ばれた。作曲は当時流行作曲家(代表作に「忘れちゃいやヨ」「霞浦おどり」などがある)であった細田義勝氏(1904年~1966年)に依頼して完成し,昭和25年(1950年)10月30日に全校生徒に披露された。現在も野球応援等で歌い継がれている。(「進修百年」(1997年)より)



第二應援歌 -校旗の下に-(昭和39年制定) mp3再生  作詞 伊藤典子 作曲 山田和生

大空高く 沸き上がる勝運常に 我にあり
この大歓声の 示すもとこの輝く胸に ふり仰ぐ
見よ土浦一高の 校旗の下に見よ土浦一高の 校旗の下に
胸は高鳴る 腕は鳴る晴れの王座を 得てここに
いざゆけ土高 無敵の一高勝ち鬨上げん 無敵の一高

 昭和39年(1964年),第二応援歌の作詞を生徒に公募したところ,軟式野球部マネージャー(3年生)であった伊藤典子氏(高校17回,昭和40年卒)の作品が選ばれた。同級生のブラスバンド部の山田和生氏(高校17回,昭和40年卒)が作曲を担当し完成した。現在も野球応援等で歌い継がれている。(「進修百年」(1997年)より)
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立土浦第一高等学校