茨城県立土浦第一高等学校(全日制・定時制)
 

[土浦一高の考査]

[土浦一高の考査]
 本校の考査の特徴をいくつか挙げてみます。

 ① 考査の回数を増やし,思考力・判断力・表現力を鍛える取組を行っています。1・2年生は,4月実力考査,5月定期考査,6月定期考査,9月実力考査,10月定期考査,11月定期考査,12月実力考査,1月定期考査,2月定期考査の年9回の考査を実施しています。また,3年生は,4月実力考査,5月定期考査,6月定期考査,9月第1回校内模試,10月定期考査,11月第2回校内模試,12月定期考査の年7回の考査を実施し,全て記述式問題を中心に出題しています。

 ② 数学と英語の試験時間は,実力考査や校内模試だけでなく定期考査においても,100~120分で実施しています。数学の試験の問題用紙は3枚あって,1枚目は基礎・基本を確認するための問題,2枚目は実力差が出るような問題,そして3枚目が東大などの難関大の2次試験を意識した問題となっています。定期考査においてもこのような出題をしているため,月に1回は難関大2次試験レベルの問題を試験形式で解くことになります。このように,論理的な思考力と記述力を高める取組によって,生徒たちは真に必要とされる学力を高めることになります。
 また,英語の試験では問題の文章量を多くし,校外模試などと比較して質的にも量的にもハイレベルの問題が出題されます。このため,実際の大学入試の問題を簡単に感じる生徒がたくさんいます。

 ③ 考査問題の作問に関しては,本校の教員が最も力を入れているところです。どの教科も問検(問題検討会:教員が問題を持ち寄って,考査の問題のセットを作ること。)を実施しています。良い問題でないと考査問題として採用されないため,各教師とも作問にはかなりの時間と労力を裂いています。

 ④ 校内考査の成績は,大学の合否に非常に相関が強く,本校の受験指導は校内の成績に基づいて行われています。校外模試と比較しても,本校の考査の方が実際の合否との相関が強いことが,校内の進路情報交換会でも報告されています。これは,本校の生徒の学力を十分に掌握し,実際の入試問題を想定した質の高い良問のセットを考査問題として出題しているためといえます。

 本校では,中身の濃い授業と論理的思考力・判断力・表現力を鍛える考査の繰り返しによって,課題解決能力を高める指導を行っています。本校が進めている「これからの時代に求められる学力」観に,大学入試がその改革によって近づいてきたといえるでしょう。

[ 2017年06月14日 ]


 

[土浦一高の授業]

[土浦一高の授業]
 本校では講義形式の「知識伝達型授業」(インプット型の理解させる授業)とともに,ゼミ形式の「知識探究型授業」(アウトプット型の考え表現させる授業)であるアクティブ・ラーニングを適宜導入しています。さらに,「知識伝達型授業」と「知識探究型授業」を複合したハイブリッド型授業,いわゆる「土浦一高アクティブ・ラーニング型授業」も展開しています。これら3つの授業形態は,科目特性や授業内容に応じてフレキシブルに展開しています。


 併せて,校訓の「自主・協同」を具現化するため,ディベート,グループワーク,グループディスカッションなどを積極的に導入して,「主体性」や「協働性」の育成にも努めています。

 また,本校は,文科省からスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受けており,学校設定科目の「グローバル・キャリアデザイン」(1年生必修)や「グローバル・キャリアアドバンス」(2・3年生選択)の授業においても,探究的な学びを重視するとともに,課題解決能力,コミュニケーション能力を育成するため,「土浦一高アクティブ・ラーニング型授業」を積極的に展開しています。

[ 2017年06月14日 ]







 

「大学入学共通テスト」の実施方針の案

「大学入学共通テスト」の実施方針の案
 「大学入学共通テスト」の実施方針の案が,文部科学省から次のように示されました。

 大学入試センター試験に代わる「大学入学共通テスト」は,大学入学希望者を対象に,高等学校段階における基礎的な学習の達成程度を判定し,大学教育を受けるために必要な能力について把握することを目的としている。このため,各教科・科目の特質に応じ,知識・技能を十分有しているかの評価も行いつつ,思考力・判断力を中心に評価を行うものとしている。

 マークシート式問題が,思考力・判断力・表現力を一層重視した作問へ見直される。次期学習指導要領の方向性を踏まえ,各教科・科目の特質に応じ,より思考力・判断力・表現力を重視した作問となるよう見直しが図られる。

 「国語」,「数学Ⅰ」,「数学Ⅰ・数学A」については,「見直しを行うマークシート式問題」に加え,記述式問題が出題される。

 国語の記述式問題の出題範囲は,「国語総合」(古文・漢文を除く。)の内容となる。多様な文章や図表などをもとに,複数の情報を統合し,構造化して考えをまとめたり,その過程や結果について,相手が正確に理解できるよう根拠に基づいて論述したりする思考力・判断力・表現力を評価される。設問において一定の条件を設定し,それを踏まえ結論や結論に至るプロセス等を解答させる条件付き記述式とし,特に「論理(情報と情報の関係性)の吟味・構築」や「情報を編集して文章にまとめること」に関わる能力の評価が重視される。

 数学の記述式問題の出題科目は,「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」とし,出題範囲は「数学Ⅰ」の内容となる。図形やグラフ・文章などを用いて考えたことを数式などで表したり,問題解決の方略などを正しく書き表したりする力などを評価される。特に,「数学を活用した問題解決に向けて構想・見直しを立てること」に関わる能力の評価が重視される。

 大学入試センターのホームページには,新たに実施される国語と数学の記述式問題のモデル問題が公表されている。いずれも,思考力や表現力を問うというテストの方向性や,学んだことを実生活に即した場面で活用できるかを意識した内容となっている。

 また,英語については,4技能が評価されることになる。高等学校学習指導要領における英語教育の抜本的改革を踏まえ,大学入学者選抜においても,「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を適切に評価するため,共通テストの枠組みにおいて,現に民間事業者等により広く実施され一定の評価が定着している資格・検定試験が活用される。

 具体的には,以下の方法による実施が検討されている。

 ① 資格・検定試験のうち,試験内容・実施体制等が入学者選抜に活用する上で必要な水準及び要件を満たしているものをセンターが認定し,その試験結果及びCEFRの段階別成績表示を要請のあった大学に提供する。このような方式をとることにより,学習指導要領との整合性,実施場所の確保,セキュリティや信頼性等を担保するとともに,認定試験の実施団体に対し,共通テスト受検者の認定試験受検料の負担軽減方策や障害のある受検者のための環境整備策を講じることなどを促す。

 ② 国は,活用の参考となるよう,CEFRの段階別成績表示による対照表を提示する。

 ③ センターは,受検者の負担,高等学校教育への影響等を考慮し,高校3年生4月~12月の間の2回までの試験結果を各大学に送付することとする。

 共通テストの英語試験の取扱いについては,以下の2案について検討されてきたが,最終的には《B案》に決定した。

 《A案》 平成32年度以降,共通テストの英語試験を実施しない。英語の入学者選抜に認定試験を活用する。

 《B案》 共通テストの英語試験については,制度の大幅な変更による受検者・高校・大学への影響を考慮し,平成35年度までは実施し,各大学の判断で共通テストと認定試験のいずれか,又は双方を選択利用することを可能とする。


[ 2017年06月14日 ]


 

プレテストの実施内容と今後のスケジュール

プレテストの実施内容と今後のスケジュール
[ 2017年05月29日 ]

「大学入学共通テスト」
の導入
プレテスト等
受験者数
対象者
対象教科等
実施時期
28年度
フィージビリ
ティ検証
事業
約1千人
大学1年生
国語,数学
11月,
2月~3月
29年度
「実施方針」の策定・公表
(平成29年度初頭)
プレテスト
5万人規模
原則,高校
2年生以上
(一部,高
校3年生以
上を含む)
国語,数学
地歴,公民
理科,英語
特別の
配慮等
11月,
(一部,
2月頃)
プレテストの実施
(平成29年度)
30年度
プレテストの実施
(平成30年度目途)
プレテスト
10万人規模
高校3年生
国語,数学
地歴,公民
理科,英語
特別の
配慮等
※具体の
対象科目
は要検討

12月頃
31年度
「実施大綱」の策定・公表
(平成31年度初頭目途)
確認
プレテスト
プレテスト等
確認プレテストの実施
(平成31年度目途)
32年度
「大学入学共通テスト」
の実施
33年度
新学習指導要領に対応
した 「実施大綱」の予告
34年度
35年度
新学習指導要領に対応
した「実施大綱」の
策定・公表
36年度
新学習指導要領に対応
したテストの実施
 

大学入試改革スケジュール

大学入試改革スケジュール
大学入試改革のスケジュール
 
〈文部科学省高大接続システム改革会議(第14回) 配付資料より〉

[ 2017年05月27日 ]

 

 

進路情報
 

《国指定重要文化財》
【ぶらり旧本館】 (旧本館案内)
 
茨城県立土浦第一高等学校

 〒300-0051
 茨城県土浦市真鍋4丁目4-2
 TEL  029-822-0137
 FAX  029-826-3521
 
学校公開・説明会のご案内
 
中学生の皆様へ(学校紹介)
 
医学部進学を目指す君へ
 
2019学校案内
 
 
 
counter885527
   ようこそ土浦一高HPへ
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立土浦第一高等学校