茨城県立土浦第一高等学校(全日制・定時制)
 

平成30年度からの授業時間及び日課表

平成30年度からの授業時間及び日課表について

 本校では,授業第一主義を掲げ,高い学力水準を維持し,生徒の進路希望実現を図るための取組を進めています。
今回の大学入試改革に伴う平成32年度からの新テストの実施,それに先立つ各大学の個別学力試験の変化等,高大接続としての大学受験環境は今後大きく変化してまいります。教育内容が削減されることなく,より深い思考力,適確な判断力,多様な表現力が求められることになります。
 この大学入試環境の変化に対応するため,平成30年4月より,授業時間を現在の55分から60分に変更いたします。これによって,授業進度を確保しながら,より深い学びを行ってまいりますそれに伴いまして,下記のとおり日課表が変更となりますので,お知らせいたします。


      旧日課表           ⇒     新日課表(平成30年4月より)

 

朝の学習  8:25~ 8:35        1時間目  8:25~ 9:25

1時間目  8:40~ 9:35        2時間目  9:35~10:35

2時間目  9:45~10:40        3時間目 10:45~11:45

3時間目 10:50~11:45        4時間目 11:55~12:55

4時間目 11:55~12:50        昼休み  12:55~13:40

昼休み  12:50~13:35        5時間目 13:40~14:40

(火曜日 12:50~13:45)       6時間目 14:50~15:50

5時間目 13:35~14:30

(火曜日 13:45~14:40)

6時間目 14:40~15:35

(火曜日 14:50~15:45)

※火曜日は,前期のみ。            ※日課表は,今後検討を重ね変更する場合があります。

 

 

創立120周年記念式典のお礼


創立120周年記
念式典のお礼


 平成29年11月18日、茨城県立土浦第一高等学校創立120周年記念式典を、たくさんのご来賓のご臨席のもと、参加者総数1700名というかくも盛大に挙行できましたことは、本校教職員・在校生にとりまして、この上ない喜びでございます。誠にありがとうございました。

  本校の教育活動の礎となるのは、これまで多くの同窓生の皆様が築いてこられた伝統と、地域やPTAの皆様のご支援ご協力、そして、この学校に勤める教職員、ここで学ぶ生徒たちによる、更なる発展のための創造と挑戦の営みであると感じております。

 

 120年の歴史と伝統とは、それぞれの時代を生きてきた方々の創造と挑戦の積み重ねであり、この学校で学ぶ者、この学校で学んだ方々が、これからの明るい未来を信じ、変化を先取りする挑戦を忘れないことこそ、これからの、本校の新たな歴史を築き上げていくことになるものと思っております。

 

本校教職員一同、この土浦一高が、全国公立高等学校の雄としてあり続けるよう、日々努力を重ねているところでございますので、今後とも、なお一層のご指導ご支援をいただきますようお願い申し上げます。

 

平成29年11月21日

茨城県立土浦第一高等学校長  杉田 幸雄

 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立土浦第一高等学校