茨城県立土浦第一高等学校(全日制・定時制)
 
 
茨城県立土浦第一高等学校

〒300-0051
茨城県土浦市真鍋4丁目4-2
 TEL  029-822-0137
 FAX  029-826-3521
 

2017.6.10

土浦一高×笠間高校コラボレーションPVプロジェクト 第2日


概要
 県内高校同士が得意分野を活かした連携を通じて,両校生徒が共同で映像作品を制作する企画。映像の内容は,土浦一高のSGHコース生徒が取り組んでいる課題研究の活動を対外的にPRするもの。第1回(5月19日)は笠間高での打合せ及び絵コンテの作成,第2回(6月10日)は土浦でのロケ撮影会,第3回(7月20日)は笠間高でのビデオ編集作業,試写会を実施する,3回シリーズの企画。完成映像は本校での全校発表会のほか,HP掲載など,今後校外向けに使用していく予定。

1 目 的
(1)生徒が取り組む地域資源を活かしたビジネスプランをプロモーションビデオ(PV)としてまとめ,発信することを通し,ICT活用スキルを身につけるとともに,課題解決のための思考力を身につける。
(2)映像メディアを専門に学ぶ笠間高校メディア芸術科の生徒と共同で作業を進めることを通し,人的ネットワーク構築術やコミュニケーション能力を身につける。

2 日時・場所
 6月10日(土) 土浦一高と市内各地(霞ヶ浦,貝塚歴史の広場,土浦市立博物館ほか)

3 内容
 生徒の課題研究の取り組みを紹介する映像撮影
[各グループの研究タイトル]
1 簡易発電機を発展途上国へ
2 私たちにできること ~飢餓に苦しむ人々のために~
3 途上国のために安価にできれいな水を作る
4 グローバルな教育観の育成
5 医療革命 -外国人患者の日本の病院探しのサポート-
6 PR力 ~どら焼きから始まる地域活性化~
7 世界の食糧供給の偏りの是正に向けて
8 効果的な宣伝方法
9 淡水真珠による,ため池浄化プロジェクト
10 刀剣乱舞×土浦

4 参加者
・土浦一高 SGH国際コース3年生37名,SGH推進室教員
・笠間高校 メディア芸術科2・3年生20名程度,メディア芸術科教員

 5 生徒感想
・撮影に関して専門的なことを聞いたり,それぞれの高校での生活を話し合ったりすることができ,良い雰囲気で撮影ができた。
・普段は使わないような本格的なカメラで撮影できて楽しかったです。また,笠間高校の人と交流できて良い経験になりました。
・笠間高校の方たちに私達が思いつかないようなアイディアをたくさん出してもらい,とても参考になった。普段の学校生活の話をしたりしてとても楽しい一日を過ごすことができた。
・撮影を始める前はきちんとできるか不安だったけれど,始めると笠間高校の人たちがリードしてくれて緊張もせず楽しく撮影することができた。でも自然に演技するのは難しく,テクニックが必要だと思った。
・笠間高校の学生さんはとてもフレンドリーで,すぐに打ち解けることができた。同年代とは思えないほど映像に関する知識が豊富で,私が気にかけないことにも多く気づき,指摘をしてくれた。私は日常的に多くの映像に囲まれているが,それらはたくさんの人の力があってこそのものということに気付かされた。
・他校の生徒と関わることができ,とても有意義な時間となった。今日の撮影は全力で取り組んだので,次回の編集を通していいPVに仕上がるのではないかと思う。

写真
 
笠間高の関谷隆志教諭による説明

  
グループごとに打ち合わせ

 
絵コンテに沿って撮影の手順を確認

  
学校のテラス「空の広場」にて撮影

 
笠間高生がリードしてくれる

  
生物室で撮影

 
教室のベランダで撮影

  
栄パンに撮影の手順説明

 
霞ヶ浦にて

  
水質浄化のイメージを撮影

 
霞ヶ浦総合運動公園にて撮影

  
効果的なPR方法を研究するグループ

 
本日をふり返って生徒からコメント

  
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立土浦第一高等学校